« 簿記 | トップページ | 人材育成 »

2005年11月21日 (月)

信用

中小企業は間接金融(特に銀行)に依存している。

我社もその内の1社である。

私が金融機関に提出している書類

・貸借対照表(前年同月対比)・損益計算書(前年累計対比)

・営業店舗損益一覧(前年・予算対比)

・部門別損益計算書(前年・予算対比)

・資金繰り表(予算対比)

必ず、上記書類を月初5日以内に作成し役員に報告の上、

銀行さんへ前アポを取り10日迄に報告をしている。

月次の数値が良くても悪くてもです。

この際、役員(取締役)に同行して頂く。(本来なら代表取締役)

数値説明は自分でもできるが、銀行さんの関心事は

経営トップの現状での方針・健康状態 などです。

事業計画を作成して終わり、決算報告をして終わりでは

ありません。

毎月、銀行へ出向く事が一番なのです。(コミュニケーション)

それが信用を得るという事に繋がるのです。

銀行さんは「貸し渋り」や「貸し剥がし」が仕事ではありません。

困った時には困ったなりの対応をして頂けます。

特に資金繰り表は銀行さんと共に作りました。(雛形を頂いた)

(メインバンクの営業支援部の方にはお世話になりました。)

中小○庫さんは経営分析までやって頂けます。

(あまり見たくない・・・つっこまないで。。。。)

10日毎の資金繰り表(予算対比)もFAXでですが、

報告してます。

決算の時にしか、出向かない企業(取締役)が多いと

聞きます。  (。・・?)ナゼ?

私は、現在の会社で現役職に付いてからこれだけは

欠かさずやってきております。(以前はされてなかった・・・。)

少しは会社に貢献できていると思っています。

以前のエントリー(クリア)もこういうお膳立てがあっての事でした。

(含む関連企業)

|

« 簿記 | トップページ | 人材育成 »

コメント

経理職なのに、ロジ財に梃子摺ってます。
(^^?)ナゼ?

考えてみれば、中小企業向けの金融対策
HP・ブログがあるんでした。
でも、何かしら中小企業の(特に経理担当)方のお役に立てそうなエントリーは
これぐらいの事でして…。

投稿: ゴリラ | 2005年11月22日 (火) 14時47分

すばらしいです!
流石現場第一線でされている行動は違いますね!まったく資金の調達・運用など銀行さんとやり取りしたことのない小生には新鮮であり未知の世界です。

机上の財務じゃいかんばい!

投稿: チェンゴー | 2005年11月22日 (火) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98507/7245616

この記事へのトラックバック一覧です: 信用:

« 簿記 | トップページ | 人材育成 »