« 信用 | トップページ | 健康 »

2005年11月22日 (火)

人材育成

払込通知書(専用振込票)

一般的には、赤枠で表記されているものは送料が

受取人払い、青枠表記のものは依頼人払いである。」

と以前、部下(30歳半ば:係長)に教えた事があった。

ちなみに伝票は一般的に赤枠が入金で青枠が出金です。

昨日、青枠表記の払込用紙「商工会議所の年会費」が

私の目に止まった。(請求書チェックも我が仕事)

そこには「振込料不要」と書いてあった。

当社はある意味、指定振込票を無視している。

外出の手間を省く為の要素が大きく占めるのであるが・・・。

「払込・振込の類」は銀行とオンラインで一括送信を

しております。(口座振替できるものは全て口座振替)

故に「商工会議所の年会費」という事もあり、手数料を

当社負担で処理をしようとしておりました。

私:払込期日迄、一ヶ月程の余裕があるので、後日銀行に

  行くついでに払い込めば良いから、外しておいて。

そこで衝突である。

部下:以前教わった事は何だったのか?

私:書類は良く見なさい。無料と書いてある。

部下:頭にきた・・・・。(自分も彼もどちらかというと短気である)

彼は国立大卒である。しかし「一般的に」を抜かして記憶して

しまった様であった。

彼は、遅刻魔でもある。今朝も遅刻してきた。

遅刻に関してはこれまでにも注意を促してきた。

今朝も「いい加減にしろよ。」位の言葉を伝えた。

返ってきた返事は「カバーしている部署の人材手配は?」

だった。我が部署は「何でも屋」。採用状況も通達している。

一時的にカバーするのも我が部署の仕事。

これは、何回も説明しているのだが、腹の底では

割り切れないものがあるらしい。(解らないまでも無いが)

だが、遅刻する事とどう関連があるというのだ。

(遅刻する理由は個人面談で何回も聞き、十分に自己改善

できるものであった筈なのにである。)

*「意見は活発に出しなさい」という余波も違う方向に

  向かってるし。(どうも反発しか表に出てこない。)

自分の右腕として来期「課長職」を押したいだけに

残念でもある。悩みは尽きないものなのですね。

人材育成って難しい。。。。(自分の部署でもこうなのだから)

*あくまでも、当社の場合です。。。。

|

« 信用 | トップページ | 健康 »

コメント

sinnkaさん。
おはようございます。
アドバイスありがとうございます。

>とことんまで、不満を聞いてあげる

この「とことん」に何処まで付き合える
のか、若しくは対処できるか、
なのかもしれません。

自分や周囲の人が不満・反発と解釈して
いる発言が彼自身の精一杯の前向きな
意見なのかも知れません。

皆様の貴重なアドバイスを基にじっくりと
人材育成を心掛けたいと思います。

投稿: ゴリラ | 2005年11月23日 (水) 10時07分

ゴリラさん、こんばんわ。
実は僕も似たような例を体験したことが、
あるので参考にまで、紹介させてもらいますね。

僕の後輩も、遅刻癖が治りませんでした。

本社に呼び出しを受け、社長にどなられるも。
給料を大幅に下げられるも、
いっこうに治る気配なし。

そのあまりの徹底ぶりに僕も。
「この人は、こういう人なんだな」
と諦めていました。

それが突然、治ってしまったのです。
これまでが嘘の様に、きっちり出勤して来る。
それどころか、朝早く出勤して掃除までしている。


何をしたかというと、
「とことんまで、不満を聞いてあげる」
を新しく配属になった上司が行ったそうです。

その具体的な手順は、飲み屋で、

「君の遅刻癖は、君の責任じゃないんだ。
むしろ環境にあると思うんだけど、
どう思う?」

と聞くと、

「別にないですよ」
という答え。
別にここまでは、普段の会話と変わりません。

「本当に何もないの?」

としつこく聞いたそうです。

すると、出るわ、出るわ、
会社に対する不満や意見。
しかし、それは決して後ろ向きな意見ではなく、
前向きな意見だというんですよね。

それを、何も否定せずに、
「うん、うん、わかるよ」
と聞いてあげるだけでいいそうです。

その上司いわく、
「前向きなエネルギーが活かされない、
また認められない状況にあると、
それはマイナスの方に向かう」
ということでした。

だからまずは、その場では否定せずに、
意見を承認してあげる。
そうすることで、自分が認められ、
エネルギーを前向きに向けることができるんだ。
とも言っていました。


僕が思うに、そういった行動は、
母親にかまってもらえない子供が、
悪い事をして怒られることで、
かまってもらおうとする。
というのと、似ているんだと思います。

だらだらと、長文を書いてしまいました。
すみません。
僕自身、貴重な体験だったので、
紹介しました。

よかったら、何かの参考にして下さいね。

投稿: sinnka | 2005年11月22日 (火) 22時32分

チェンゴーさん。
ぱらだいすさん。

アドバイスありがとうございます。

>直せるのはただ1人己自身です。
  やっぱりそうですよね。

>「仕事すれば遅刻してもいいんじゃない」
   間違いなくそう思っている筈です。


エントリーの部下に対して、思い入れが
強すぎるのかも知れません。
自分が過去に苦労した経験を「課員には
負担の無い様にするべく、自らが犠牲に
なれ」と中堅幹部(2人)に指導して
います。
自分・係長2名・一般女性1名・社員外4名
なので、実質この係長2名の活用が重要。
その見返り(収入・福利厚生・余暇など)
を期待するのが、今時の考え方なのも
分かります。
これまで会社側として幾分の昇給は
ありましたが、気持ち程度で
休暇も就業規則通りに取得できず。
しかし、「企業として今が踏ん張り所」
これがなかなか定着していかないのです。
フレックス制・持ち上げ(主任→係長)
飲ミュニケーション等々
いずれも、撃沈…。(ここ3年間)

挙句に周囲からは上下関係じゃなく
「兄弟みたい」って
言われてます。(>。<)

投稿: ゴリラ | 2005年11月22日 (火) 18時05分

こんにちは!

チェンゴーさんの「遅刻は怠け癖」に同意です。

多すぎるのなら余計に癖だと思います。

「遅刻しない時間帯に家を出る」ことをイメージさせるようにするとか・・・。

例えば診断士の試験の学習時間確保って難しいですよね。
いくらでもできない理由ってありますが、それを言いだすといつまでたっても勉強できない。
遅刻の理由だってもちろんいくつもあると思いますが、理由を並べているうちは治らない気がします。

「時間を確保するには」
「遅刻しないには」

を考える・・・のはいかがでしょう。

>返ってきた返事は「カバーしている部署の人材手配は?」

ここから察するに「仕事すれば遅刻してもいいんじゃない」
て思ってませんかね・・・(想像

もしくは「だめ」ではなく、「時間を守るようになれば、君の信頼性もぐっとあがるんじゃないかな」
・・・てのはどうでしょう。

長々すみません。
では!

投稿: ぱらだいす | 2005年11月22日 (火) 16時28分

部下の遅刻は癖になってますよ!
経験者
小生仕事暦このかた22年
前半の約18年は無遅刻(現職より遠い)
でも1回遅刻の味を占めると連続でやっちゃいます!(弊社は遅刻じゃなく時間単位でお休みできちゃいますので悪しからず)
他人へのいいわけはどうにでもなるけど!
自分には嘘はつけません!
単なる「怠けクセ」癖です、上から言われても直りません、直せるのはただ1人己自身です。
まず基本動作の徹底なんでしょうね!それともフレックス制?時間休制にするとか・・・

投稿: チェンゴー | 2005年11月22日 (火) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98507/7262500

この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成:

« 信用 | トップページ | 健康 »