« 先行 | トップページ | 士業 »

2006年5月30日 (火)

権限と責任

中小企業である弊社はオーナー経営者のワンマンであった。

過去、コンサルの先生を幾度と無く、お迎えしてきたが各々1年と

待たずにお引取りを願ってきた。(著名なコンサル会社も含め)

中には、弊社に入社してまでの方もおられた。

続くか、続かないかはオーナー経営者の個人的な裁量による。

今や弊社の社員は、どんな素晴らしいコンサルの先生がおられようとも

現オーナー経営者がおられる限りその存在すらを認めない。

後に残るは、在職している執行役員の存在でしかない。

頑張れ「自分」、そして、頑張れ中小企業の「管理職」

皆が「権限と責任」を自覚すれば「組織」は変わるはず。

まずは、「本音」を交わせるコミュニケーションからであると思う。

なーんて、月末を迎え、再度、モチベアップを図ってみますた。。。

|

« 先行 | トップページ | 士業 »

コメント

きんとんさん。
おはようございます。

弊社においてコンサルの先生に
非は無いです。(全部とは言いませんが)

自分の考えを押し付ける、もしくは
拒絶するのどちらかしか無いですもの。

まずは、コンサルの先生方を受け入れる
仕組み(体制)を作り上げねばです。。。

投稿: ゴリラ | 2006年6月 1日 (木) 09時32分

ゴリさん、こんばんわ。

ご心情、お察しします。
コンサルタントとして、ワンマン経営者が相手の場合はいかに「負けて勝つか」を考えます。

ぶつかったり気に障った時点で全て終わりですから・・・。

間違っても先生然たる態度は取らないようにしています。

それでもダメな場合もあるんですけどね(^^ゞ

投稿: きんとん | 2006年5月30日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98507/10310432

この記事へのトラックバック一覧です: 権限と責任:

« 先行 | トップページ | 士業 »