« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

行く末

ブログの事である。

業務の一貫で、私はトップに対しホームページの有益性と

それに絡む知識の取得を訴えてきた。

これについてはブログも入るのです。

我社のトップはITに興味が無い訳ではなく、最近、

「簡単な検索はできるようになったな」などと

兆候がひしひしと感じられる。

以前は、「○○を調べてくれ」だったのが、

「○○を調べるのにネットで確認したんだが、○○について調べてくれ」

に変わったからだ。

このブログの内容は大した事を書いているつもりは無いが、

部分部分ではトップが見て余計な詮索をされるとも限らない。

過去ログを閉鎖(抹消)して、再スタートをすべきかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

お袋

昨日、電話があった。お袋の家と我家は車で3分位しかかからない

いわゆる「味噌汁が冷めない距離」である。

なのに、1ヶ月に1回ぐらいしか顔を会わさない。

「自分もお袋も働いているから」というのが主要因だと思っている。

お袋は親父が半身不随(自分が小5の時)になってから以来

車の免許を(50歳を超えてから)取得したり、介護の資格を取り、

一生懸命に生活を成り立たせてきた。

(親父が亡くなってからも我が子の心配ばかりしてる。)

そのお袋からの電話はある意味、堪えた。

「元気なの?」「体は大丈夫?」「来月の試験はどう?」

それに対して、「試験は受けん。」としか答えられなかった。

ほんの2・3言の会話でしたが、

お袋の寂しそうな声が身にしみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

暑いですね。

今日の午前中は営業部門の来期数値の打ち合わせ会議

9月が新年度スタートなのに、まだ調整中。。。

まぁ。環境を顧みない現実離れをした予算を組まれる(トップ指示型)

よりは、大きな進展であるからよしとすべし。

各部門長に現況を見据えた数値を組んでもらい、やればできる数値に

近づけたいと思うのであります。(最終利益確保の責任はあるが)

来月8日には正式な形でオーナーや利害関係者に提示せねば

ならないので、自分本位なスケジュールは立てられない。

(各部門スケジュール調整は間接部門の役目)

診断士一次試験は毎年8月第一土曜&日曜なんですよね。

今後も日程上はネックなり。でも、いつかはタイミングの合う年度が

必ずあるはず。。。その日が来るまでがんばろうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

追い込み

今年の1次試験迄後、残り8日(試験日前日)。

休みが取れる方も、そうでない方も猛勉強を続けて

おられる。追い込みの最終だから、当たり前か。。

さて、私はと言うと、「今年受けないから、余裕」

ではない。

既に皆に遅れているので早く追いつき為にも、

継続・継続・継続・継続・継続・継続・継続・継続

1日でも途切れると来年もまた苦渋を舐める事になる。

来年の受験日までは常に追い込みの精神で頑張ろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

忙しい

コメントを頂く中に「忙しそう」というのがある。

確かに実際の現場を見ておられないから当たり前の事だと思う。

ただ、私の場合は忙しい訳でもなく、忙しそうな訳でもなく、

ただ、会社人間なだけ。(要は古い人間なのである)

今後も肉体的に折れる事はない、折れるとすれば精神面だけ。

業績の良い時に会社は借入れにより事業を広げ、多角化し、

そしてバブル崩壊後、売上低下の一途を進んでいる。

平成○年に現在の会社に中途入社したのではあるが、

今や、年間○○を上回る○○、こうなるともう悲惨。。

銀行さんでいうところの○○○○先である。

(やっとワンランク上に推移してる)

それでも、企業は存続せねばならない。

訳あって、私はたとえやる事がなくても人形の様にデスクの前に

存在していなくてはならない。いかにIT化が進み、どこにいても

コミュニケーションが図れるとは言え、それがかなわぬ事もある。

「やる事が無くても」って書くと語弊があるが極論するとそうとも言える。

ここに大きな無駄が生じている。(必要な無駄と思っていた)

改善せねばならない事が多すぎる。(時間もかかる)

ここの所、ずっとTAC模試を見直ししている。

これからも、皆様にご指導頂いた事を念頭に踏ん張りたい。

ではなく、踏ん張る。。

(何とか朝の2時間は勉強時間確保してます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

ネットでくつろぐ

ある診断士ブログで、企業の経営者なるお方と診断士の

コメントのやりとりを拝見した。(業務中なのではあるが)

企業の経営者(それも創業者)らしいコメント。

ある意味、弊社のトップの不安・焦りみたいなものを感じた。

我社だけではないんだなぁ。(変な安堵感)

確かに、会社を存続させるためにこれまで頑張ってこられたと

思う。これからも存続させねばならないだろうし。

できるだけ環境に揺るぐ事のない安定した企業として。

そういう意味で企業トップの責任(仕事)は舵取り&判断力のみ。

それ以外は士業、もしくは仕える者が行う仕事と思う。

そんなこんなで、勉強を怠らず頑張らねばと思うひと時でした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

見送り

今年の1次試験は見送る事にしました。

昨夜、妻と話合い、今朝、トップと話を致しました。

諸処の理由はあれども、最大の理由は勉強が足りない

って事です。

精神的に上記の様な状態では、前進どころか生活基盤(仕事)が

揺るいでしまいます。(バックボーンが無いのはきつい)

*バックボーン:ここまでやったんだという精神的強さ

で、来期においての週休2日の案は都合が良すぎました。

当然、役職の責務を果たさねばならない訳で、まとまった

勉強時間を捻出する事は今後もできません。

しかし、これからの1年は365日×2H=730時間

これまでの勉強時間を合わせると由に1000時間を超えます。

そういう意味では、来年受ける為には勉強時間が少ないなどの

言い訳はもうできません。

ずっと継続している勉強ですが、モチベーションを維持して

励みます。

PS。業務的にも受験が不可能と決定致しましたので、

   どう検討しても受験できないが最終的な結論です。

   自分の後任を育てなきゃ(昨年もそう書いていたかな?)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

受験

来月3日迄は受験が可能かどうかは分からない。

が、バックアップの要請(課員の貢献に期待)は済んでいる。

トップには「受験断念」の相談を持ちかけたが、いまだに返答なし。

周囲からは、「たとえ不勉強でも、受験する事が大事だし次に繋がる」

と助言を頂いた。

「逃げ腰」の体制は自身の軌跡(ブログ)を遡れば、何時の時点でも、

そして今でも何ら変わっていない。

これから月末に向かう訳ではあるが、今週中には来期の計画策定の

最終調整に向かう筈。(業務においても遅いですな)

(当然、社員の福利厚生・待遇面での改善も検討して頂きたい)

色々な思いが錯綜する期間ではあるが、1日1日を大事にしていく。

あえて発言できるのならば、今を「逃げ」てはいけないのだ>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

現時点

昨年の2月に40歳の節目を向かえ、

「ただ、がむしゃらに仕事をする」事に疑問を覚え、

自分のこれからの人生、自分の会社の行く末など

さまざまな事に対して、自身の向上に目を向けた。

現時点で診断士の勉強を始めて早1年と6ヶ月が過ぎた。

勉強を進めていく中で仕事との両立の難しさを克服できない

自分にもどかしさを感じている。(意識が足りないのだろう)

ただ、1年と6ヶ月という歳月を無駄だったとは思わないし、

それだけに今後も継続して励んで行く。

現実をもっと真剣に捉えながら対策を練り、試行錯誤を

繰り返して今後も進めて行く事になるだろう。

ただ一つ言える事は今年受験しても全科目10%の知識で

しか無いであろうという悲しい現実だけである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ネガティブ

な人間にはネガティブな現実が舞い込んでくる。

今朝の部内ミーティングで準社員(パート)さんから話を聞いた。

先般から調子が悪く昨日、病院へ出向いたら

結果は「手術」との事。

今月末から9月上旬まで出社不可(入院)

準社員さんとは言え、勤務時間が短いだけで社員と同じである。

本決算を挟む不在に頭が痛い。(というかスーパー凹)

自身にネガティブ志向が抜けきれていないからだろうとは思う。

何故ならば、現時点で宿泊予約の取消を考えているからだ。

とは言え、受験断念宣言をするには、まだ早いとも思う。

勉強をしてこなかった言い訳でしかないのである。

さて、自身の思考を改めるために課員一人一人と話をするか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

内心

後発のAが伸びを見せており、業績を上げているので昇給と昇格を

させたいが、同時に過去に業績を上げたが今は光るものが無い

先発Bを減給させたい。(現状、Bの方がAよりも所得が多い)

トップからの悩みを受け、私の回答。

Aについては、(私に相談するくらいだから)来期の予算策定から

期末実績数値までPDCAをしっかりと見据えた達成を確認して

からの方が良い。

Bについては、(私に相談するくらいだから ってしつこい?)

私(間接部門)を含めて降格内示(個人面談)をし、

「数値に貢献できなければ降格するのだ」と説明すれば良い。

「○○辞任、役職上降格」一人だけ降格なら不満もあるが、

知らない仲では無いので話し合い手にはなれる。

(私の場合、降格といっても2階級降格したからといって

所得は変わらないと思う)

この3人とも執行○○である。 (泣)

さて、以上は本当の会話であるが、自身とて診断士の勉強を

していて仕事もぱっとしない。勉強も駄目では如何せん、

ただの○○なのである。

取りあえず、意見を述べたのであるが、返答は無し。

間接部門として利益捻出を真剣に捉え、その為の診断士資格の

意義を再度、考えたい。(仕事も勉強もやめるって意味じゃないです。)

「一からの出直しってのもありかな」と思った次第です。弱気だねっ。

だからって、今年の受験も最後まで必死に追い込みます。

(少なくとも来年の糧にはなるでしょう。。。)

降格人事と引き換えに来期9月からの週休2日(土・日)の確約を

要請してしまいました…。(だから返事が無いのか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

無駄にはできない。

本来なら休めない8月の5日と6日。

休暇申請をトップに提出(○○○○とて私的理由なので)

提出する前にネットで交通手段や宿泊を確認。(仕事中だったけど)

やばかった。宿泊先も学生の休みが入る為か福岡はあまり空いてない。

何とか、取れたけど交通が不便。しかも前泊でないと間に合わない。

結局、4日から6日迄と3日も無理をお願いした。

交通費や宿泊代も約3万と想定はしていたが懐は痛い。

月次2日完了は可能か。3日には利害関係者に報告が可能か。

などと、自分の無知さの前に過ぎるものもある。

できる限りの事を尽くして、全てを無駄にはしたくない。

さて、今日も7時には会社を出て勉強するぞ~。。。

朝8:00~夕方7:00(現状で自分の目標とする勤務時間)

そういえば写真も取らないといけないんだっけ。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

やっぱ

息抜きにはブログかしら。。。

なんて久々に投稿してみる。

世間は3連休、最後の追い込み、「頑張れ」(既に他人事)

僻みでも、何でもありません。休みが無くとも何とか頑張れると

考えていた自分が愚かなだけ。。。

勉強時間が圧倒的に少ない自分(脳みそが足りないのはこの際、無視)

が資格に対してできる事は毎日1時間でも、30分でも継続して勉強する

事(姿勢)だけ。これだけで通過する訳ありませんが、今年はこれで勝負。

今後、できる対策はTAC模試の解答プロセスを確認し、

基本だけを押さえる事。(まだ、手付かず 大馬鹿者)

更に、過去問とテキストでこれまた基本だけを押さえる事。

*一昨日にある会社の営業担当の方からお電話を頂きました。

 仕事中に「ぶっちゃけ申しますが、」って言葉を数回も聞かされました。

この「ぶっちゃけ」というのは、既に「サラリーマン用語」なのでしょうか?

*流石に通勤時の気温が30℃を超えると逝きかけます。。

 本当に、来月くらいには秋が到来して欲しい今日、この頃です。

さて、仕事するべ~。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

負のスパイラル

結果的に模試から逃げてしまった私は業務にも熱が入らず。。

(模試は死に物狂いで取り掛かれば2日くらい寝ないでやれた筈)

何やってんだか>自分

成し遂げた業務を見直ししてみると、数値は転記ミスしてるし、最悪。。

転記ミス=へたすりゃ経営判断を誤る(ある1つの部署の予算が違った等)

訳で。。。ケアレスミスなるものが2ヶ所もありました。

仕事上でケアレスミスもへったくれも無い訳で

大きく Orz

3日の深夜に仕上げ、勢いでその日の内に利害関係者に

送付してしまいました。(ただし、金融機関は除く)

あるまじき現実に相当凹み、以前からの弊社の体質に凹み、

何やら自分でつかみようの無いジレンマに苛まれております。

(仕事上の1つのジレンマ:役職と所得が相関していない)

相談をと経営トップに投げかけるも返事無し。。。

数値ミスについては、会議にて修正報告ができるものの

自分で自分が情けない。

見直しもせず、勢いで提出してしまった事。

(5日期限なので見直しは十分にできた筈、3日に仕上げるという

思い上がりのみで結果的には×なのである)

仕事ならず、試験にも同じ事が言える。

日々の精進が足りないのですね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

終えました

昨日の内に、何とか月次を終えました。

何があろうと業務を滞る事は許されません。

弊社、規定では5日に報告厳守なのですが、そんな悠長な企業では

ありません。(しっかし、疲れた。。。本音)

仕事は、気合だけでも何とかなるものですね。。

しっかし、今日が会議だってんで業務を進めてきたのに

中止にするなんて、割と勝手なオーナー層(理由は分かるが。)

これまでも幾多の試練があったので、そういう意味では鍛えられて

いるかも知れません。

ここ数日、日に1時間も勉強をしておりません。

今の時間より隙間時間を意識せねばです。

資格試験は「気合」だけではどうにもなりません。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

模試

会場受験をされた受験生の皆様、お疲れ様でした。

私(ゴリラ)は休みを取って福岡に行ける立場になく、

自宅受験にて対処しようと試みておりましたが、

諸処のアクシデントにより、(今日とてトラブル発生w)

昨日から業務時間の隙間で、財務・法務・施策以外を

解いておりましたが、はっきり申しまして約8割は残り2拓を

「感」に頼る状況でした。(加えて時間も曖昧)

5日必着という事なので、明日での発送は無理と判断し、

解答のみを待つ事と致します。

今の状況では、何やってもまっしろなだけに。。。

財務・法務・施策は多分、5日以降にチャレンジとなるです。

(月次の進捗:本業に支障が発生してるので回避を重視です)

解法のプロセス(あいまいだから感に頼る)を重視し、残り1ヶ月を

走り抜けるです。

(非常に言い訳がましい、というか内容が言い訳だけに辛いです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »