« 今の心境 | トップページ | TV »

2007年1月16日 (火)

考え違い

弊社の話題の中で、珠に「コンサルタントの方にお願いしよう」というもの

があります。(数字が上がらないと、他力本願になってしまうのでしょーか)

競合他社はコンサルの方を4名(社?)ほどお願いしてるそーで。。。

(販売促進、店舗レイアウト、など)

私は、否定派です。(コンサルの方を否定している訳ではありません)

社内の中では「コンサルタント=万能の神」だから、報酬を膨大に要する

と思われています。金額がいくらをもって膨大かは内緒です。

私が「コンサル=助言と思いますし、コンサルの先生が介入される

事で、飛躍的に(しかも、経営者が何もせず短期に)改革できるとは

限りません。」と答えると

「そんなんじゃ、どんなコンサルに頼んで良いのかも分からん」

と返事がきます。

何が言いたいのか

「どのような事で悩んでいるのか」

「どのような助言を頂きたいのか」

まずは、問題と方向性、及び着地を、依頼する側も明確にしていないと

そりゃ、コンサルタントの方が数字を上げたとしても

膨大な報酬をお支払いせねばならないでしょう。

多分、時間も要すでしょうし。

これまで入って頂いたコンサルの先生も「経費の無駄だった」と

考えておられます。何故ならば、「喧嘩別れ」に近い形で終わっている

と私自身が思っているからです。

(無駄にしてるのはこちらなのではと思ってます)

第一、全てが一人のコンサルタントの方だけで成しえるのであるならば、

その方に経営をやって頂いた方が良いとも思うのです。

少しずつしか進捗はしておりませんが、試行錯誤し

弊社の意識改革をしていきながら、今年は「目標」を達成し、

自らが「助言」をできる立場でありたいと思うのです。

もちろん、報酬アップは望んでいきます。。。(笑)

以前に権限と責任でも書きましたが、トップが替わっても企業風土(文化)

の変革は一筋縄ではいかないものなのでしょうか。

単なる勉強不足なのでしょうねぇ。。。

|

« 今の心境 | トップページ | TV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98507/13515420

この記事へのトラックバック一覧です: 考え違い:

« 今の心境 | トップページ | TV »